2009年9月30日水曜日

かつて味覚オンチだった池田が、0%の努力で、店長としての味覚を回復!vol.1


 私はつぶつぶに出会う前、マック大好き、ラーメン大好き、おまけに大酒飲みの暴飲暴食者でした。

そんな私でしたがつぶつぶ料理を初めて食べた時、体全身が喜び、何とも言えない至福の美味しさに

すっかり惚れ込んだのです。そして私の熱い思いは伝わり、スタッフとして活躍の場を与えられたの

ですが、なんと当時まったく味が分からないことに気付いたのです。自信満々で作ったお味噌汁もみん

なに美味しくない、しょっぱいだのと言われました。この事実はつぶつぶ料理人を目指す私としてはとっても

ショックでした。  つづく

 


2009年9月21日月曜日

早稲田、神楽坂で出会える”大吉スマイル”

  

 日々、私なりの贈り物をたくさんの人に贈れる人になりたいと思っています。

 今現在私がたくさんの人に贈れる物は ”大吉スマイル” です。

 つぶつぶカフェに来てくれたお客さんに美味しい日替わりランチを食べていただく

事だけじゃなく、”大吉スマイル”を贈りたいと思っています。

 それではいったい大吉スマイルとはなにか、それはまるで神社で大吉を引いた時に思わず

顔がほころび、その日一日ちょっぴり幸せになれような笑顔の事です。

 大吉スマイル。お昼はつぶつぶカフェ早稲田店で、夜はボナ!つぶつぶで振る舞っています。



 

2009年9月18日金曜日

宝物を毎日探していると、宝物は毎日やってくる。vol.3

 
 例えば、誰かに嫌みを言われた時、ちょっと嫌な気持ちになります。

もしかしたら愚痴ってしまうかもしれません。

 でもそんな時も宝物探しを開始してみると面白いです。

 なぜ、嫌みを言われたのかな?(探検スタート!)

 他の人に相談してみる。(地図をゲット!情報収集。)

 何となく悪そうな所を改善するように意識する。(何日も時には何年も旅をする。)

 嫌みを言ってくれた人に誉められた。(宝物発見!!!!!)

 そうです!普段ちょっと煩わしいな、嫌だなと思っている事に宝物がたくさん

 隠されていると思うのです。

 宝物発見時は嬉しいし、豊になれるから私は毎日宝物探しをやっています。



 

2009年9月17日木曜日

宝物を毎日探していると、宝物は毎日やってくる。vol.2


 どんな宝物が見つかるの?と思われる方多いと思います。

 それは、例えば冷蔵庫の中にある中途半場に切られたニンジンです。

 え?っと思われるでしょうが、私はそれを宝物にする事ができるのです。

 それは一般的な宝物探しと同じ行程です。

 まず第一に料理本を見ます。(地図をゲットし、

 情報収集をする。)
 
 そして次に考えます。(何日も時には何年も旅をする。)

 それからアクション!!! 5㎜角にくらいに切って、蒸して、トッピングにる。

 クライマックスに、お客さんからキレイですねと言われます。(宝物発見!)。

 中途半端に残ってしまったニンジン。時に干からびて冷蔵庫の片隅に

 追いやられてしまいます。ちょっとじゃまだなって思ってしまうものでも

 宝物探しをはじめたら、宝物になるのです。

 こういったことは食べ物だけの事ではないのです。

 人との関係でも宝探しはできるのです。

 つづく

2009年9月15日火曜日

宝物を毎日探していると、宝物は毎日やってくる。vol.1

 
 私は最近宝物探しに夢中です。宝物は見つかると
嬉しいし、豊になれるからです。

 普通宝物を探すというと、地図をゲットして、たくさんの人に
情報収集をして、何日も、時には何年もかけて旅をして、
宝物を発見しますね。

 同じ手段を使いますが、毎日探して、毎日発見しよう。と
いうのだから心はとってもわくわくしますし、嬉しいですよ。

 つづく

2009年9月11日金曜日

6歳の池田に”わくわく、無邪気に働く方法”を31歳の池田が教わっている。VOL.4

 
 当時私の心の中は無限に広がっていたのです。まるで宇宙が広がっているように。

心の中では空を飛ぶ事ができる。一瞬で木星にさえ行くことができる。

確かに!6歳の池田は狭い世界の中で毎日、毎日お決まりの行動パターンだったのです。

 でも私の心の中の宇宙は毎日広がっていて、きっとそこからたくさんの想像が生まれて

いたんだと思います。だからたくさんの遊びが生まれ、出会いがおきたのでしょう。

 もし、毎日が疲れて仕方ない、仕事が楽しくないと思うのなら、今やっている事を少し

シンプルにして(行動範囲を狭めて)、夢中にやってみる。そしてどうしたら楽しく、

わくわくやれるのかを想像してみる。想像の世界には限界はありません。どんなことをイメージ

しても大丈夫なのです。

 私はこのことに気付いた時、毎日がとっても楽しくなりました。

 今では、毎日まるで6歳の池田のように遊んでいます。

 

2009年9月10日木曜日

6歳の池田に”わくわく、無邪気に働く方法”を31歳の池田が教わっている。VOL.3

 

 かつて6歳の頃に遊んでいた公園に行くと、とっても小さく感じます。


 毎日、毎日通った小さな公園。


 学校から帰るとすぐに公園に行くといったお決まりの行動。


 あの頃は小さな範囲の中でしか動いていませんでした。


 そんな小さな世界の中でも、とってもたくさんの遊びが生まれ、いろんな人に出会いました。


  そんな公園に行って、当時の頃の事を考えた時気付いたのです。


 夢中で遊び、無邪気に楽しいを探していると、どんどんと新しい遊びが

 

 浮かんできました。楽しい人に出会いました。


  なぜか。。。。。 


 つづく


  

2009年9月7日月曜日

6歳の池田に”わくわく、無邪気に働く方法”を31歳の池田が教わっている。VOL.2


 かつて私は時間に追われ、お金のために仕事をし、趣味は趣味で満喫しよう!と思っていました。
仕事が終わると”ぷは〜、今日もつかれた〜”と言い、”たまには温泉でも行ってだらだらしたいな!
休みの日くらいゆっくり寝よう”みたいなことばっか言っていました。
 
 そう!”仕事は生きるためにやるべきものだ!”と決めつけて生きていました。
 
 かつては、それが当たり前!今はそれなりに達成感もある!充実している!と思っていました。

 But!But!But!But! しかぁ〜し! ある日私は、ある事がきっかけで、仕事をすればするほどにわくわくし、楽しくなったので〜す。

 つづく

 
 

2009年9月4日金曜日

6歳の池田に”わくわく、無邪気に働く方法”を31歳の池田が教わっている。VOL.1



 私は今いくら仕事をしても、嫌な疲労感に襲われる事がありません。

 なぜか?それは小さな時、無邪気に遊び回っている感覚で仕事をしているからだと思います。

 かつて、私が公園で夢中になって遊んでいると、日が暮れて、暗くなってい
きます。もっと遊びたくてしかたないのですが、また明日にお預けです。
 
 家に帰ってから”明日はあんなことしよう!こんな事しよう!”と

想像すると夜も眠れないくらいわくわくします。

 そうです!こんな風に仕事に取り組んでいるのです。だから毎日、毎日わくわくします。早く
明日が来ないかな?”るんるん”ってな具合です。

 例えばどんな風に仕事に対して無邪気に遊べるのか?をちょっとづつブログに掲載していき
ます。

 お楽しみに!ありがとうございます。